FOLLOW US

UPDATE|2022/05/16

HKT48・チームTIIが5年半ぶり新公演、初日で目にした「なにも変わらない」を打破した新たな一歩

HKT48 チームTII (C)Mercury

松岡はなや小田彩加などが所属するHKT48・チームTIIの新公演が5月6日に初日を迎えた。公演はAKB48のチームAが14年前に初演した『恋愛禁止条例』。チームにとって約5年半ぶりの新公演はどんな幕開けだったのか…。グループを長年取材し続けている小島和宏記者がレポートする。

【写真】HKT48・チームTII、5年半ぶりの新公演『恋愛禁止条例』の様子【4点】

5月6日、HKT48・チームTIIの新公演の幕が開いた。

チームTIIにとって、新公演はじつに5年半ぶり。というか、結成以来、いままでずっと『手をつなぎながら』公演をおこなってきた。

まだ新公演スタートが発表される前に、キャプテンの山下エミリーの取材をしていたら「TIIはメンバーの入れ替わりもそんなになかったし、公演もずっと同じ。なにも変わらないんですけど、それでもステージでは変化を見せ続けなくてはいけない。それがすごく難しいし、どうしたらいいのか、ずっと考えています」と言われた。

若きキャプテンの苦悩。

そして彼女は「私、キャプテン歴は長いのに経験値があんまりないんですよ」とも口にした。それを聞いたチームH・キャプテンの松岡菜摘と、チームKⅣ・キャプテンの本村碧唯は「じゃあ、今度のツアーではエミリーにいろいろ経験してもらおうよ。開演前の円陣とかさ」と提案(実際、ツアー初日の夜公演では山下エミリーが円陣での声掛けを担当している)。1期生が現状打破のために背中を押してくれたのだ。

そんな言葉を聞いていたから新公演という大きな「変化」がチームTIIになにをもたらすのか、とても気になっていた。とはいえ、ゴールデンウイーク中に博多まで飛ぶのは……と思っていたタイミングで、また別のメンバーの声を耳にすることになる。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事