FOLLOW US

UPDATE|2022/05/17

活動15周年・柏木由紀が語る“今”のAKB48「みんなの目的地が見つかった、次は個人の力を見せる番かな」

柏木由紀 撮影/武田敏将

この4月にデビュー15周年を迎えたAKB48の柏木由紀。グループの中心メンバーとしての活動はもとより、近年はWACKとのコラボをするなど、活躍の軸を増やしている。“外”の空気を吸った16年目のベテランの目に、今のAKB48はどう映っているのだろうか?

【写真】活動15周年・活躍の軸を増やしているAKB48の柏木由紀

──5月18日に発売する新曲『元カレです』の印象は?

柏木 今回もダンス曲です! MV撮影まで3週間、初披露まで2~3週間やりました。

──前作の『根も葉もRumor』では、振り付けに厳しい本田仁美さんによる〝本田警察〟に柏木さんは何度も逮捕されたそうですけど。

柏木 めっちゃ逮捕されました(笑)。前回は、みんながレッスンを積んでいるときに入院していて、病み上がりでみんなに合流したんです。でも、今回は最初のレッスンから参加しているから言い逃れができなくて(笑)。みんな振りを揃えたい気持ちが強すぎて、先生が困っていました。「ここは手をどうするのが正解なんですか?」って質問して、「いや、どっちでもいいんだけど……」みたいな。

──そういう変化を3期生としてどう受け止めていますか?

柏木 いいことだと思います。これまでもダンス曲はあったけど、ダンスのグループというイメージはありませんでした。それこそ『根も葉もRumor』からですけど、まったく別のグループにいるような気もしていて(笑)。でも、グループとして1つの目標があるっていいことですよね。みんなの目的地が見つかったような感覚があって。この数年は頑張りたいけど、何をどう頑張ればいいか分からない状態が続いていたけど、前作で手応えを掴んだことが大きいです。

──選抜での役割は?

柏木 私は迷惑をかけないようにやっていきます(笑)。ダンスは自信がある分野じゃないから、ああだこうだ言えないんです。みんながスタッフさんに言いにくいことを私が代表して伝える……という役割をしています。

──そんなにダンスが苦手というイメージもないですけどね。

柏木 いや! 『UZA』のときなんて、私だけ先にレッスンを始めましたから。それくらい苦手なんです。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事