FOLLOW US

UPDATE|2022/05/11

最年少は10歳!HKT48の6期生お披露目に会場騒然、今村麻莉愛の選抜復帰にファン号泣

HKT48の6期生(C)Mercury

4月8日に横須賀でスタートしたHKT48の全国ツアー『Under the Spotlight』。2019年に開催された九州ツアー以来、じつに2年半ぶりのツアーとなる。コロナ禍で演出が制限され、さらに村重杏奈や田島芽瑠など1期生、2期生の卒業が相次いだ今、どんな新しいステージを見せてくれるのか。神奈川・東京・愛知を回り、5月7日には田中美久の地元・熊本に凱旋を果たしたツアーの模様をグループを長年取材し続けている小島和宏記者がレポートする(前後編の後編)。

【写真】新曲披露&6期生お披露目も、HKT48全国ツアー熊本公演の模様【13点】

【前編はこちら】楽しいを更新し続ける“新生”HKT48全国ツアーの“仕掛け” 矢吹奈子&田中美久の存在感

5月7日、熊本城ホールで開催されたHKT48の全国ツアー『Under the Spotlight』ではふたつのサプライズが用意されていた。

ひとつは6期生のお披露目。

これは事前に公表されてはいたが、今回のツアーでの定番となっているゲストコーナーに押し込んできたのが面白い。東京ではAKB48、名古屋ではSKE48が登場したのだが、熊本ではHKT48がご当地グループとなってしまうため、いったい誰が来るんだろうか、と話題になっていたが、その枠に6期生が飛びこんできたわけだ。

6期生は18名。平均年齢はなんと14.3歳!

全員で『HKT48』を披露して、堂々のステージデビューを飾り、もう1曲『アイドルの王者』もパフォーマンスしてくれたのだが(他のゲストも2曲披露している)、そのあいだにメンバー紹介のコーナーがあった。

これが初々しいというか、グダグダというか……まぁ、はじめての自己紹介になるので、うまくできるはずがないのだが(当然、自己紹介よりも楽曲のリハーサルに時間をたっぷりと割いているはずだ)、これが夜の部ではほぼノーミスで披露されていてびっくり。この修正能力には、ちょっと期待したくなる。

客席がどよめいたのは、メンバーの年齢が発表されたとき。18人中、小学生が4人もいるのだが、特に最年少の石松結菜が「10歳です!」と言ったときには客席もステージも騒然となった。

HKT48は昨年10周年を迎えた。つまり石松結菜は、そのときまだ生まれていないことになる(他の小学生組はギリギリ結成前に生まれている)。1期生からしたら衝撃的すぎる事実だが、これも長く活動してきた証拠。まさに新しいフェーズに突入したことを実感させられるエピソードである。

終演後におこなわれたメディア取材では、最年長・21歳の最上奈那華と、熊本県出身でご当地デビューを飾った森崎冴彩が代表してあいさつをしてくれたのだが、年長組は非常に落ち着いている印象。最年長の最上と最年少の石松に年齢差はぴったり11歳(偶然にもふたりとも1月28日生まれ)。この幅がこれからどんな「色」を見せてくれるのか、楽しみである。

熊本城ホールはメインステージから広がるようにサイドにもステージがある。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事