FOLLOW US

UPDATE|2022/05/13

吉本新喜劇&NMB48がタッグ・川上千尋がミュージカルを語る「将来につなげられる成果を」

NMB48 川上千尋 撮影/西邑泰和

NMB48活性化プロジェクト「NAMBATTLE2 〜愛〜」で見事1位に輝き、27thシングルのセンターの座を掴み取った川上千尋。また、吉本新喜劇とNMB48がタッグを組んで行う、“爆笑必至の本気ミュージカル”『ぐれいてすと な 笑まん』(5月14日より大阪、5月26日より東京で開催)にも出演するなど、めまぐるしく活躍している。そんな勢いに乗る川上に、今の心境を聞いた(前後編の前編)。

【写真】NMB48の新センター・川上千尋

──NMB48がミュージカルに挑戦すると聞いて、どう思いましたか?

川上 「マジか……」って思いました(笑)。今まで新喜劇に出演させていただくことはあったけど、イチから新しい脚本で演じること自体がレアなのに、歌とダンスをプラスするわけですから。アイドルとは歌い方も踊り方も違うので苦戦していますけど、新しいNMB48を見せられそうです。

──歌に自信は?

川上 舞台経験もミュージカル経験もあるので、他のメンバーよりはあります(笑)。ただ、大きい声で歌うことに慣れていないんですね。ミュージカルって広い会場に届かせないといけないので、音程を外したら恥ずかしいという恥じらいがあるんです。演出の玉野和紀さんから、「間違ってもいいから、大きい声で歌ってみよう」と、初歩から教わっています。メンバーも大きな声を出すことに慣れてきて、すでに恥じらいはなくなりました。

──共演者の皆さんとのコミュニケーションはいかがですか?

川上 自分たちからぐいぐい話しかけたら失礼かと思っていたら、新喜劇の方々からぐいぐい来てくださいました。話しやすい空気を作ってくださっています。私は人見知りする方なんですけど、今回はメンバーもたくさん出ていますし、(吉本新喜劇の)川畑泰史さんはNMB48を推してくださっているので。

──HPによると、「アホナウイルスが蔓延した」世界が舞台のようですけど、メンバーもアホになっちゃうんですか?

川上 笑うと感染しちゃうのがアホナウイルスなんですけど(笑)、そこから先は観てのお楽しみです! でも、お芝居は難しいですね。「ナチュラルに」って指導していただいているんですけど、どうしてもぎこちない動きになってしまって。棒立ちになっちゃうメンバーもいます。初日までには役を体にしみ込ませたいです。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事