FOLLOW US

UPDATE|2022/05/13

ナンバトル1位・川上千尋がNMB48 の顔に「センターとして“垢抜け計画”を立てている」

NMB48 川上千尋 撮影/西邑泰和

NMB48活性化プロジェクト「NAMBATTLE2 〜愛〜」で見事1位に輝き、27thシングルのセンターの座を掴み取った川上千尋。また、吉本新喜劇とNMB48がタッグを組んで行う、“爆笑必至の本気ミュージカル”『ぐれいてすと な 笑まん』(5月14日より大阪、5月26日より東京で開催)にも出演するなど、めまぐるしく活躍している。そんな勢いに乗る川上に、今の心境を聞いた(前後編の後編)。

【写真】NMB48の新センター・川上千尋

【前編はこちら】吉本新喜劇&NMB48がタッグ・川上千尋がミュージカルを語る「将来につなげられる成果を」

──今年2~3月に開催された「NAMBATTLE2」についてお聞きします。どんな気持ちでイベントを迎えましたか?

川上 嫌だなって思いました(笑)。去年、チーム対抗で戦ったんですけど、ずっと1位を走っていたのに、決勝大会で2位になってしまったんです。その時、「これだけ頑張っても報われなかったのか……」って、かなりメンタルにきちゃいました。その経験はもうしたくないと思ったし、今年はファン投票の個人戦に注目が集まっていたので、苦しかったです。でも、ファンの皆さんの立場になったら、NMB48って攻めていく姿勢が面白いんだろうなと思うので、そこは気持ちを切り替えようと思いました。

──個人戦の目標は?

川上 最初から遠慮せずファンの方に宣言しようと思っていたんですけど、少し遠慮して「5位以内」と言っていました。これまでシングルの選抜に何度も入らせていただいてきたなかで、『恋と愛のその間には』の7番手が最高だったので、それより上に行きたかったからです。速報の順位発表で2位にならせていただいて、中間発表では3位になりました。このままだと最終の結果発表では落ちてしまうなと思いました。

もし4位以下で名前が呼ばれた時、めちゃくちゃ悔しいだろうなって想像しました。そこで、配信でファンの方に、「申し訳ないですけど、目標順位を変更させてもらっていいですか?」とお願いしました。「1位になりたいです」とお話したら、「その言葉を待ってました!」というコメントが多く流れてきました。

──もちろん1位になれれば最高ですけど、不安はありませんでしたか?

川上 ファンの方を信じていなかったわけじゃないけど、4位か5位だろうなと思っていました(笑)。というのも、中間発表の時点で、ファンの方から「もう票を使い切っちゃった」という声も聞いていたからです。……と思ったら、1位になれました(笑)。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事