FOLLOW US

UPDATE|2022/05/11

スターダム上谷沙弥が“バイトAKB同期”のHKT48松岡はなと再会「チャンピオンになれました!」

スターダム上谷沙弥、HKT48松岡はな

「バイトAKB」出身という共通点を持つスターダム所属の女子プロレスラーの上谷沙弥とHKT48の松岡はな。レスラーとアイドル、それぞれ別のステージで活躍している中、昨年6年9ヶ月ぶりに再開を果たし交流が再開した。今年の5月6日、松岡はなが所属するHKT48のチームTIIが5年半ぶりとなる新公演の初日を迎え、そこに上谷沙弥がベルトを持って駆けつけた。「あのころ、私が立ちたいと思っていた場所にはなちゃんが立っている」と感涙する上谷。そんな歴史的再会に、HKT48とスターダムを長年取材している小島和宏記者が密着した(前後編前編)。

【写真】バイトAKBで同期だった上谷沙弥と松岡はな

昨年11月、バイトAKB時代から数えて実に6年9カ月ぶりの再会を果たしたHKT48・松岡はなと、スターダム所属の女子プロレスラー・上谷沙弥。

HKT48でセンターを張った松岡はなの背中を追いながら「プロレスラーとして一人前になるまでは、はなちゃんには会えない」と心に決めていた上谷沙弥だったが、昨年春のシンデレラトーナメントに優勝し、メインイベンターに成長したことでやっと会うことができた。しかし、唯一の心残りは再会のときにチャンピオンベルトを持っていくことができなかったことだった。

今度はベルトを巻いて、できることならば防衛戦をはなちゃんに観戦してもらいたい……そんな夢が新たなモチベーションとなり、上谷は昨年末、両国国技館でワンダー・オブ・スターダム王座を獲得。2022年に入ると着々と防衛戦を重ね、3月におこなわれた両国国技館2連戦では、みずから逆指名した林下詩美、中野たむという強すぎるチャレンジャーを相手に見事、二夜連続防衛。これで5月5日に福岡国際センターで開催されるビッグマッチにはチャンピオンとして出場できることが確定した。

ここまではトントン拍子だったのだが、ゴールデンウイーク真っ最中の開催ということもあって、松岡はなにタイトルマッチを生観戦してもらう、という夢はスケジュールの壁に阻まれて、どうにも実現することができなかった。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事