FOLLOW US

UPDATE|2022/05/04

在日クルド人少女を熱演・嵐莉菜、マルチルーツの私が「絶対にこの役をやりたかった理由」

嵐莉菜 撮影/山田健史

日本、ドイツ、イラン、イラク、ロシアと、5カ国にルーツを持ち、雑誌『ViVi』の専属モデルとして活躍する嵐莉菜の映画初出演・初主演作『マイスモールランド』が、5月6日に劇場公開する。嵐が演じるのは、埼玉に住むクルド人の高校生・サーリャ。幼い頃に生活していた地を逃れて来日し、日本の同級生らと共に“日本人らしく”暮らしてきたサーリャだったが、ある日、家族とともに難民申請が不認定となったことで、苦しい境遇へと立たされていく。自身の経験にも重なることがあったという同作への思いや、今後の展望などを嵐に聞いた(前後編の前編)。

【写真】「あの美少女は誰?」とSNSでも話題に、『ViVi』モデル嵐莉菜の撮り下ろしカット【8点】

──今回、映画初出演にして初主演ということですが、お芝居自体がほぼ初ですか?

嵐 再現ドラマなどに出たことはあるんですが、本格的な作品に出るのは初めてです。事務所の方からこの作品のオーディションがあることを教えてもらったのですが、もともと演技には興味はあって「いつかできたらいいな」と思っていました。でも、こんなに早く大きな役をいただけるとは思っていなかったのですごく緊張しました。

「自分を日本人と言いたいけど、日本人と言っていいのかわからない」感情や、普通に生活していても外見から「外国人」と判断されてしまうことへの葛藤は、状況は違いますが私も幼少期から感じていたので、サーリャとの共通点にすごく惹かれました。「演技をしたい」という以上に、この作品に惹かれて、この作品に携わってみたいという気持ちが大きくて、「絶対にこの役をやりたい」という気持ちでオーディションを受けました。

──共感出来る部分もあるということでしたが、境遇とは別にサーリャという人物そのものについてはどのように感じましたか?

嵐 サーリャはつらいことがあっても希望を捨てないので、すごいと思いました。私も希望を持って仕事したいといつも思っているので、その点にも共感しました。完成した映像には収録されなかったのですが、妹とケンカをするシーンがあって、サーリャはそれでも妹に優しく接しているんです。どんなにつらい状況でも周りの人のことをいつも考えて動いているサーリャは本当にかっこいいし、すごく強い女性だなと。私もこうありたいと思いましたね。

──エンドロールを見て思ったのですが、妹さん含めサーリャの家族を演じたのは、もしかして嵐さんの本当の家族ではないですか?

嵐 実はそうなんです。家族も事務所に所属していて、オーディションで決まったんです。私が先にオーディションに参加したのですが、同じ作品のオーディションで一緒に出演することになりました(笑)。

──そうだったんですね!作品上の家族構成もそれに合わせて変わったんですか?

嵐 そうですね。もともとは妹の年齢ももう少し下の設定だったり、本来いなかった弟も追加することになったりと、私たちの家族に設定を合わせてくださいました。妹が演じた役は、妹の性格とほとんど一緒だったんですよ。本当にサバサバした子だし、父も監視カメラで見られていたんじゃないかなというくらいそのままだったからすごくびっくりしました。

──ご家族は演技経験があったんですか?

嵐 父も妹も弟も再現ドラマくらいなので、本格的に演技をするのは初めてです。
AUTHOR

山田 健史


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事