FOLLOW US

UPDATE|2022/03/25

小室哲哉と牧野アンナとSKE48…11年ぶりの新公演で起こす、厳しくも優しい化学反応

「新オリジナル公演情報解禁SP生配信」を行ったSKE48チームS (C)2022 Zest, Inc.

今月24日、名古屋を拠点に活動するアイドルグループ「SKE48」のチームSが、とある発表をおこなった。それは「新オリジナル公演情報解禁SP生配信」と題したもので、同グループが11年ぶりに実施する完全オリジナルの新公演だ。

【写真】振付は牧野アンナ先生が監修、「愛を君に、愛を僕に」MVメイキングカット【9点】

 気になるプロデューサーは小室哲哉氏と発表された。また、公演タイトルは「愛を君に、愛を僕に」、楽曲は全16曲、初日公演は5月28日、同タイトルのアルバムも6月8日にリリースされることもあわせてアナウンスされた。

さらにファンの注目を集めたのは、振り付け。『手をつなぎながら』公演、『制服の芽』公演の振り付けも担当した牧野アンナ氏が担当することも発表されたのだ。

 ここで、なぜ新しい公演が行われることがニュースになるのかという、基本的なことをおさらいしておきたい。

 SKE48は2008年に結成されたグループだが、まず注目されたのは、松井珠理奈という存在があったからだ。まだ小学6年生だった彼女はAKB48のセンターにいきなり抜擢された。このニュースはAKB48のファンに大きな衝撃を与えた。

 SKE48が次に注目されたのは、公演である。48グループはそれぞれが劇場でチーム単位の公演を実施しているのだが、SKE48の公演はAKB48のそれとは大きく異なっていた。

 何がAKB48と違っていたのかというと、時に荒々しく、時に楽しい振り付けだった。それはAKB48の劇場で繰り広げられてきた世界観とは一線を画していた。もっといえば、アイドルの世界では見たことがない類のものだった。

 振り付けを担当したのは、牧野アンナ氏だった。沖縄アクターズスクールの元チーフインストラクターで、多くのアーティストを指導した後、2008年からAKB48に関わるようになり、その縁で姉妹グループのSKE48の指導をすることになった。AKB48では『ヘビーローテーション』『フライングゲット』など、多くのヒット曲を担当した。
AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事