FOLLOW US

UPDATE|2022/03/26

東雲うみ、過去最大露出の1st写真集にかけた情熱「理想のボディのためにあえて増量も」

東雲うみ 撮影/松山勇樹

美しいヒップと豊満なバストを持つ“二刀流グラドル”として注目を集める東雲うみ。YouTubeでこだわりを詰め込んだ精巧なガンプラ作成動画を公開するなど、ガンプラオタクとしても知られている。そんな彼女の念願の写真集『うみのなか』が3月10日についに発売。驚愕のこだわりとグラビアへの想いを聞いた。(前後編の前編)

【写真】着衣でも二刀流ボディが光る、東雲うみ撮りおろしカット【10点】

──写真集発売おめでとうございます。東雲さんはデビュー当初からずっと「紙の写真集を出したい」と言われていたイメージがありました。

東雲 そうなんですよ! デビューから約1年。念願叶ってやっとです。

──これまで何冊も出されてきたデジタル写真集とは、やはり感覚が違いますか?

東雲 全く違いますね。もちろん、デジタル写真集を出させていただけるのもうれしいですけど、デジタルだと、新しい作品を買えば後ろの方に埋もれていきますし、誤って削除してしまう可能性だってあるじゃないですか。でも紙の写真集は物質としてそこにあるモノだから、本棚に置いておくだけで日常的にふと目に入るし、自らの手で捨てない限りはなくならない。だからこそ、長く愛される写真集にしたい気持ちがいつも以上に強く芽生えてきましたね。

──カタチとして残るのは、紙の写真集の特権ですよね。お話をいただいてからは、どんなコンセプトにしようと?

東雲 “ありのままの東雲うみ”がコンセプトです。夢の1st写真集。シンプルに“グラビアアイドルとしての集大成”を見せたかったので、編集さんとマネージャーさんと私の3人で何度も話し合いをして、みなさんの意見を聞きながら、方向性を詰めていきました。私だけの好みを詰め込んじゃうと、どうしてもコミカルでフェチ寄りな写真集になってしまうから(笑)。

──確かに本作は、衣装もロケーションも、基本ナチュラルですよね。

東雲 はい。スタイリストさんと相談して、あえて、“その辺にいる女の子が着ていそうな衣装”を選んでみました。メガネをかけている格好なんて、完全に“いつもの東雲うみ”ですよ(笑)。特に、YouTubeをきっかけに私を知ってくださった方は、東雲うみ=メガネのイメージが定着しているだろうし、とにかく普段の私らしい雰囲気を出したかったので、「絶対に使ってください!」と自らお願いして掲載してもらいました。

──その次に、マスクをしているカットもあります。写真集で顔を隠すなんて珍しいですよね。

東雲 撮影中のちょっとした遊びで撮ったシーンですね(笑)。マスクを外す瞬間って、何だか恥ずかしくないですか?そんな心の揺らぎを写してもらえたらと思ってやってみたら、意外と面白かったので、使ってみたという感じです。

──そうだったんですね(笑)。過去最大級の露出にも挑戦されているのも、“ありのままの東雲うみ”というコンセプトにのっとって?

東雲 それもありますし、ファンの方からすれば、紙の写真集は少々お高い買い物じゃないですか。せっかく買っていただくのなら、ずっと大切にしたくなる宝物のような1冊を目指したかったんですよね。露出感へのこだわりは私からの提案なんですよ。実際の撮影中は、とてもドキドキしました。でも、私なりの理想のボディを目指して、筋肉1kg、脂肪3kgの合計4kg増量して、撮影に挑んだんです。努力した分、惜しみなくお見せしてもいいんじゃないかと。改めて見ると、もう少し絞っても良かった気もしますけど(笑)。これ以上、脂肪が増えたら太り過ぎかなと思うギリギリを攻めたので、“ありのままのムチムチ加減”を存分に楽しんでもらえたらうれしいです。

CREDIT

取材・文/とり 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事