FOLLOW US

UPDATE|2022/03/23

プロレス大賞新人賞・SKE48荒井優希、レスラーとしての才覚と“アイドル人生”逆転劇

SKE48荒井優希(C)東京女子プロレス

SKE48の現役メンバーであり、東京女子プロレスでレスラーとしても活躍している荒井優希。3月19日に行われた東京女子プロレス両国国技館大会では、インターナショナル・プリンセス王者の・伊藤麻希に戦いを挑み、多くのメディアから注目を集めた。しかし、結果は完敗。「次は絶対に勝ちたい」と闘志を燃やす、アイドル兼レスラー荒井優希のこれからのプロレス人生に、元週刊プロレスの記者、小島和宏がエールを送る。(前後編の前編)

【写真】熱闘を繰り広げるSKE48荒井優希と伊藤麻希【4点】

「荒井優希が勝つと思っていたやろ、お前ら!」

試合を終えて、インタビュールームに入ってきた伊藤麻希は開口一番、そう吼えると、ドン!とチャンピオンベルトをテーブルの上に置き「伊藤が勝つわ!」と睨みを利かせた。 

まさに図星であった。インタビュールームには他の試合よりも明らかに多い記者とカメラマンが押しかけていた。それだけこの試合への注目度が高かったことを物語っているが、多くのメディアが「SKE48の荒井優希が両国国技館でチャンピオンベルト初戴冠!」というビッグニュースを期待していたことは否定できない。

アイドルからプロレスラーに転身するケースは、もはや珍しいことではなくなったが、現役のアイドルが、それもSKE48というメジャーアイドルの、しかも選抜メンバーがアイドルとして活動を続けながら、プロレスラーとして継続的に参戦する、というのは「対世間」という部分を考えると大きすぎる話題である。

昨年5月にプロレスデビューしたときの相手が伊藤麻希であり、あれから9カ月経って、東京女子プロレスとしては初開催となる両国国技館でのビッグマッチで再戦。ここでデビュー戦のリベンジを果たして、ベルト奪取となれば、これ以上ない「令和のシンデレラストーリー」が完成する。それは東京女子プロレスだけでなく、SKE48にとってもプラスに作用するニュースになったはずだが、世の中、そんなに甘いものではなかった。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事