FOLLOW US

UPDATE|2022/03/14

JO1主演ドラマ『ショート・プログラム』最終話ヒロインに伊藤万理華「何度も胸を打たれました」

伊藤万理華

伊藤万理華が3月14日(月)に配信されるPrime Video独占配信ドラマ『ショート・プログラム』最終話のヒロイン役で出演している。

【写真】『ショート・プログラム』最終話でヒロインを演じる伊藤万理華

デビューから3年⽬に突⼊し、アーティスト活動や多⽅⾯でもさらなる活躍をみせるグローバルボーイズグループJO1(ジェイオーワン)が主演を務め、3⽉1⽇(火)より配信がスタートし、様々な反響を呼んでいるドラマ『ショート・プログラム』。これまでメンバーそれぞれが主演を務める11エピソードが公開されたが、14日19時からドラマ最終話となる『Dreamer』がサプライズ配信された。

これまでの11エピソードでは、主役それぞれが夢を抱く姿が映し出されていたが、最終話は彼らが夢を叶えるためにオーディションに参加するオリジナルストーリー。JO1のメンバー11⼈が揃い演じる姿、さらに豪華な出演者にも注目だ。

最終話でヒロイン・美帆を演じる伊藤万理華は、「JO1さん主演ならではの、最終回に相応しいオリジナルストーリーです。私はオーディションスタッフの⼀⼈として出演しました。会議室を⾏き来しながら彼らの様⼦を⾒守っています。役として夢追う姿が本当の皆さんと重なり、何度も胸を打たれました。貴重な瞬間に⽴ち会えて光栄でした」とコメント。

社長役を演じる梶原善は、「撮影中、彼らJO1の歌声を聞きました。それぞれの個性が⼀つになり、そして曲を聞いていくウチ、どんどん元気が湧いてきました。少しですが参加できて良かったです。有り難うございました」とコメントしている。

【あわせて読む】生田絵梨花が「こんなに笑うことになるとは思わなかった」と語る『松尾スズキと30分の女優2』

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事