FOLLOW US

UPDATE|2022/03/13

「アイドル人生はマラソン」頂点もどん底も経験したHKT48 田島芽瑠が笑顔で切るゴールテープ

HKT48 田島芽瑠

HKT48からの卒業を発表している田島芽瑠。3月14日に卒業公演を行い、4月4日には芸能事務所「Mama&Son」に移籍し、女優業など活動の幅を広げる。また、4月からスタートする連続ドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(テレビ東京)に出演するというビッグニュースも飛び込み、これからの活躍に大きな期待が寄せられる。今回、長年HKT48を取材する小島和宏記者が、田島芽瑠のラストインタビューを行い、約9年にわたりグループを牽引してきた田島に、卒業への思いや、これからの覚悟について話を聞いた(前後編の後編)。

【写真】HKT48を卒業する田島芽瑠のステージ姿【13点】

【前編はこちら】HKT48卒業・田島芽瑠が語るアイドル人生「 “諦めよう…”と思ったときに救われた秋元先生の一言」

2021年11月に開催された、HKT48の10周年記念公演の初日が終わったあと、田島芽瑠と少しだけ話した。

「初日は1期生と2期生の出番が多かったけど、明日は後輩たちのパフォーマンスを楽しみたい」と彼女は言った。そして、ちょうど1週間前に日本武道館で開催されたばかりの『AYAKARNIVAL2021』(ももいろクローバーZ・佐々木彩夏が主宰するアイドルフェス。HKT48から3期生以降のメンバーで選抜された7人編成のユニットで出演)の様子を尋ねられたので、いかに7人ががんばっていたかを伝えると、彼女は「ちょっと待って!」と話を遮り、こう言った。「みんなが武道館のステージで輝いているところを想像しただけで、私、もう泣いちゃうよ……」。田島芽瑠にとって“区切り”のステージを終えたばかりだというのに、彼女の口からは後輩の話しか出てこなかった。それも涙まで浮かべて。

「卒業を決めてからは、とにかく後輩たちに、というか、これからのHKT48に最後までなにか残せることはないかな?って考えてきました。じゃあ、私にできることってなんだろう、と考えたら、この10年の経験から学んだことを全部、後輩たちに預けたい!って。

やっぱり私がHKT48に入ったころとは環境も大きく変わってしまっているし、私が最初に経験した3年間と、5期生が味わってきた3年間とでは、学ぶ環境や経験値ってまったく違うと思うんですよ。実際に私はそういった経験を積んできたおかげで“底力”がつきましたし、だからこそ、ここまで続けてこれたんだと思います。本当は公演やコンサートを通じて、背中で伝えていくことかもしれないですけど、そういう機会もなかなかないので、とにかく1対1でお話しできる場をなるべく作るようにしました。

芽瑠ちゃんはこういうとき、どうしてきたの? どうやって乗り越えてきたの? という質問がある後輩には丁寧に答えてきました。壁にぶつかっている後輩には『どんなことを悩んでいるの?』とこちらから聞いて、それはもうスタッフさんに言ったほうがいいね、とか(笑)。自分の想いがなかなか伝わらないって場合には、どうやって伝えたのかを文章で送ってもらって『ここはこういう表現にしたほうが伝わるよ!』みたいな。

私は新しい目標に向かって卒業しますけど、それで終わりじゃいけないなって。みなさんの支えでここまでやってこれたわけだし、こうやって本当にいい形で卒業できるんだから、しっかりとHKT48に恩返しをしていかなくちゃいけない。HKT48だけじゃないですよね。朝の番組に起用してくださって、ここまで私を育ててくださったKBCさんにも恩返しをしていきたいんです」

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事