FOLLOW US

UPDATE|2022/03/01

“完全覚醒”スターダム上谷沙弥・7年前NGT48オーディションに落選したあの場所で防衛成功

アオーレ長岡の花道をチャンピオンベルトを巻いて堂々と歩く上谷沙弥 写真提供・スターダム

元バイトAKBという肩書を持ち、現在スターダムで活躍中の、第16代 現ワンダー・オブ・スターダムチャンピオン上谷沙弥。2月23日に新潟・アオーレ長岡で開催された「Cinderella Journey 2022 in NAGAOKA」では、見事に防衛に成功した。そんな上谷、じつはこのアオーレ長岡という会場に深い縁があった。かつて、この場所でNGT48のオーディションに挑戦していたのだ。思い出の地にチャンピオンとして戻り、メインイベントを務めた彼女が語る、アイドル志望時代の苦悩と、レスラーとしての “覚醒”。(前後編の前編)

【写真】アオーレ長岡の花道をチャンピオンベルトを巻いて堂々と歩く上谷沙弥

昨年11月、スターダムの女子プロレスラー・上谷沙弥はHKT48・松岡はなと対談をおこなった。

まったく接点などなさそうな二人だが、じつはかつて『バイトAKB』というプロジェクトに参加していた“同期”。その後、HKT48に加入した松岡はなはセンターの座を掴み、上谷はアイドルのオーディションを受けては落ちまくる、という地獄のような日々を送るようになる。

紆余曲折の末、プロレスラーになった上谷はメインイベンターとなり、やっと松岡はなと対談できるだけのポジションに立った。じつに6年9カ月ぶりの再会を喜ぶ二人。対談は非常に和やかなムードで進んだが、突然、上谷の表情が変わった。

それは松岡はながHKT48のセンターになったときの話をしていたとき。心から応援していた、と前置きをしながら「でも、悔しくってテレビの歌番組は見れなかった」といきなり本音をぶちまけた。一瞬、場の空気は凍てついたが、上谷はどうしても本音を吐露したかった、と後述した。

「いままではそういう悔しい気持ちとかを心に仕舞いこんで我慢してきたけど、それでは私は変われない。悔しかった過去をしっかりと受け止めて、それを乗り切ることで自分を変えたいし、未来も変えられると思ったんです」

対談の途中で、いきなりの覚醒。

AUTHOR

小島 和宏


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事