FOLLOW US

UPDATE|2022/01/26

『私が女優になる日_』(TBS系)で9千人の頂点に、飯沼愛が語る激動の1年「想像していなかった未来」

飯沼愛 撮影:加藤春日

田辺エージェンシー・秋元康・TBSがタッグを組み未来の女優をプロデュースする『TBSスター育成プロジェクト「私が女優になる日_」』。約9000人の応募者の中から1位に選ばれ、見事ドラマ『この初恋はフィクションです』(TBS)の主演の座を掴んだのは、香川県出身の18歳、飯沼愛(いいぬま・あい)さんだった。オーディションを受けるまで演技経験はなし。いま、女優としての道を歩き始めた彼女に話を聞いた。

【写真】『私が女優になる日_』出演時の初々しい飯沼愛、ほか撮り下ろしカットも【9点】

――飯沼さんは昨年『TBSスター育成プロジェクト 私が女優になる日_』の演技バトルで1位となり、連続ドラマ『この初恋はフィクションです』(TBS/昨年10~12月放送)に主演。この1年間で人生が大きく変わったのでは?

飯沼 はい、1年前はこんな未来が来ることをまったく想像していませんでした。「女優になりたい」と言ったからといって簡単にできるお仕事ではないと思っていたので。去年は貴重な経験をたくさんさせていただき、幸せな1年だったなと思います。

――演技バトルでの堂々とした姿が印象的だったのですが、まったく演技経験がないと聞いて驚きました。

飯沼 演技に関しては、最初は物まねみたいな感じでやっていました。ただ、恥ずかしがっていたら見ている人も恥ずかしい気持ちになるだろうなと思ったので、「自信を持ってお芝居をやり切る」というところはすごく意識しました。緊張しましたけど私はそれがあまり表に出ないタイプなので、そこは良かったのかもしれません。昔から「本番に強いタイプだよね」と言われたりもしていたので。

――どういう場面で「本番に強い」と言われていたんですか?

飯沼 印象に残っているのは体育祭のリレーですね。緊張して「無理だ無理だ」って言いながらもいざ走るといい結果を残す、みたいな(笑)。この性格は演技バトルでも生かされたのかなと思います。

――演技バトルを勝ち抜く自信はありましたか?

飯沼 いえ、まったくなかったです。演技バトルに挑む10人に残るどころか、そもそも第一次審査に通るとも思っていなかったので驚きの連続でした。

――テレビに出演するようになり、周囲の反響も大きいのでは?

飯沼 クラスメイトから「すごいね、応援してるよ」と言われたり、友達から「後輩がサイン欲しいって言ってるからお願い!」と頼まれたり。あと最近は「写真撮らせてください」と声を掛けられることもあります。

――親御さんはどんな反応ですか?

飯沼 両親は私が掲載された雑誌を毎回買ってくれたり新聞を友達に配ったり、応援してくれています。でも最初は「うわ~、愛がテレビに出てる!」って感じだったんですけど、最近は「愛がテレビに出ているのが当たり前だと思っている自分が怖い」と言っていましたね(笑)。父はドラマ全40話をすべて深夜にリアルタイムで見てくれて、しかも毎回感想をくれていたんです。「泉ちゃん(飯沼が演じた役)、すごく良くなっているよ」って言ってくれたりしてうれしかったです。母からは「たまに足が開いているから閉じなさい」と注意されたりします(苦笑)。
AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事