FOLLOW US

UPDATE|2022/01/20

「今センターにいた子は誰?」ももいろ歌合戦で大晦日に“見つかった”ボーイッシュアイドルとは

「第5回 ももいろ歌合戦」でのももいろクローバーZ 撮影/高田真紀子

2021年12月31日から2022年1月1日にかけて日本武道館で開催された、ももいろクローバーZ主催の年越しライブイベント「第5回 ももいろ歌合戦」。7時間半を超えるそのステージで、最大級のインパクトを残したアイドルがいた。その名はアメフラっシの小島はな。舘ひろしや五木ひろしなど芸能界の重鎮らが大勢登場するステージの中、ひときわ輝きを放っていた彼女について、ももクロの“公式記者”として様々な書籍を手掛けている小島和宏氏が筆を執った。

【写真】大晦日“見つかった”アイドル、アメフラっシ・小島はな、他「ももいろ歌合戦」の模様【72点】

2022年がスタートして半月以上が過ぎたが、コロナ禍ということもあってか、なんとなく時間の進み方が昔よりもなんだか緩やかに感じてしまう。

だからなのだろうか、昨年の大晦日の余韻がいまなお色濃く残っている。せっかくだから、その余韻の中でも、もっともインパクトがあったことをここに書き記しておきたい。

昨年の大晦日、僕は日本武道館にいた。これが第5回目となる『ももいろ歌合戦』を取材するためだ。『ももいろ歌合戦』とはももいろクローバーZがホスト役を務める年越しイベント。年々、規模は拡大していって2019年には横浜アリーナで開催されたが、2020年はコロナの影響で無観客に。それでもスタッフ・関係者の熱意で「今年こそは有観客で!」という願いが叶い、日本武道館にお客さんを集めての開催が実現した。5年連続で現地に入っているので、個人的にはもはや『ももいろ歌合戦』が年越しの風物詩ということになってしまった。

イベントは夕方5時にスタート。言うまでもなく年越しの瞬間までは続くので、それだけで7時間の超大ボリューム(ももクロはその後に2022年初の単独ライブになだれ込むので7時間半超え!)。そう書くとダラダラと長時間、続くイメージがあるかもしれないが、5回の歴史を重ねていく中で「この企画をやりたい!」と年々、プログラムが増えていった結果、ここまでの長尺になったわけで、無計画に長いわけではない。むしろ、ももクロの『行くぜっ!怪盗少女』で年越しの瞬間を迎える、という明確なゴールが設定されているので、途中でダラダラすることは許されないのだ。

長くなるのにはもうひとつ理由があって、出演するアーティストは全員フル尺で持ち歌を披露することができる。昨今の歌番組ではなかなか難しい話なのだが、このこだわりだけは第1回からまったくブレていない。タイトルに「歌合戦」と冠する以上は、しっかりと歌を聴いていただこう、という心意気である。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事