FOLLOW US

UPDATE|2022/01/20

4代目バチェラー・黄皓が 明かす“鋼”メンタルの理由「昔は自己肯定感が全然なかった」

黄皓 撮影/西邑泰和

昨年12月に完結したAmazon Prime Videoの婚活サバイバル番組『バチェラー・ジャパン』シーズン4。男女逆転版『バチェロレッテ・ジャパン』の参加者だった実業家・黄皓(コウコウ)がバチェラーとなった今シーズンは、序盤から“最大の波乱”と物議を醸すも、終わってみれば“史上最高”の呼び声高いハッピーエンド。話題の4代目バチェラー・黄皓に、旅が終わった今だから言えること、自身の自己肯定感や恋愛論まで話を聞いた。この記事は『バチェラー・ジャパン』シーズン4のネタバレを含みます(前後編の前編)

【写真】4代目バチェラー・黄皓撮り下ろしショット【17点】

――パートナーに秋倉諒子さんを選んだ最終回も配信され、4代目バチェラー黄さんの旅もついに完結。今の率直な心境からお聞かせください。

黄 『バチェラー・ジャパン』への参加も、諒子と付き合っていることもずっと隠していたので、今ようやく二人のリアルな状態を人に言えるのは素直に嬉しいですね。ようやく外でデートもできて、同じシチュエーションだけでは見られなかった彼女の新たな一面を発見したりして、幸せな気持ちでいっぱいです。

――二人を取り巻く環境も変わったと思いますが、今回の旅を通して黄さんが一番変わった、影響を受けたのはどんな部分でしょうか。

黄 17人もの女性と向き合うという、普段だったら絶対にありえない環境のなかで改めて思ったのは、恋愛についての考え方やアプローチに対する受け止め方、感じ方の違い。こんなにも一人ひとり違うのかと再認識しました。これまでのプライベートの恋愛では、相手が心地いいと思ってないなと感じたらそれ以上いかないようにしてきたけど、この旅ではぶつかったとしても向き合い続けなくちゃいけない。これが結構、学びになりましたね。

合わないなと思う人とどう向き合っていけばいいのか。考えさせられる場面も多かったですし、それは恋愛だけじゃなくて仕事や友人関係とのやり取りにも活かせるなと。自分で未熟だったな、こういう風に感じるんだったら気をつけようと思う瞬間もありました。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事