FOLLOW US

UPDATE|2022/01/18

槙田紗子、振付師としての「ターニングポイント」とアイドルプロデュースに至るまで

槙田紗子 撮影/松山勇樹

2015年までPASSPO☆として活動、卒業後は『すきっ!』(超ときめき▽宣伝部)など数々の楽曲の振り付けを担当している槙田紗子。近年ではアイドル・フェス「サコフェス」や朗読劇をプロデュースするほか、2021年からはアイドルグループのプロデューサーも務めている。そんな彼女の軌跡をあらためて振り返るとともに、プロデューサーとしての信念を聞いた。(前中後編の後編)※▽はハートが正式表記

>>前編はこちら、中編はこちら

【写真】振付師として活躍・槙田紗子の撮りおろしカット【10点】

──振付師として初期に関わっていたのはどんなグループだったんですか?

槙田 最初は桃レボ(桃色革命/現・momograci)とかアイカレ(アイドルカレッジ)とかでしたね。あとは今でも担当させていただいている超ときめき▽宣伝部とか……。

──とき宣? まさか2021年にTikTokで一番バズったアイドル曲と言われる『すきっ!』を振り付けしたのは……。

槙田 それが聞いてください! 私が事務所を辞めたのが2017年の10月なんですよ。その同じ年に担当したのが例の『すきっ!』で。だから4年越しの大ブレイクということになるんです。「そんなことあるの!?」って、もう本当にビックリしましたよ。メンバーからも去年のはじめくらいに「先生、知ってます? 『すきっ!』がTikToKでバズってます!」って興奮した状態で言われましたから。

──やっと時代が槙田さんの振り付けに追いつきましたか!

槙田 あの曲は私にとっても忘れられない思い出があるんです。当時、振付師として駆け出しだった私にとって大手事務所さんのグループの振り付けを手掛けるというのは、絶対に失敗できない超巨大案件だったんですね。とにかく気合が入りまくっていました。ところが私が提案した振り付けに対して「なんかちょっと違うんですよね」って修正依頼が来てしまって。具体的に言うと、最初は今のキャッチーなものじゃなくて、もっと難しく踊る感じだったんです。事務所側のスタッフさんから言われたのは、「男の人でも可愛く踊れる感じがいいです」ってことで。

──それ『LOVEマシーン』のときに夏まゆみ先生がつんく♂さんから喰らったダメ出しと同じですよ。「アホの坂田みたいにしてほしい」と言われ、国民的大ヒットに繋がったわけですから。

槙田 あぁ、確かに似ているかもしれないな。とにかくキャッチーにしたほうがいいと『すきっ!』で学べましたし。でも当時の私は振り付けに対して修正希望をいただいた経験もなかったし、すごいドキドキでした。「巨大案件が途絶えてしまうかもしれない……」って悲痛な表情になりましたし(笑)。

──いや~、ドラマチックな話ですね。槙田さんの振り付け効果によって、とき宣の名前は今や世界に響き渡っているわけですし。

槙田 大きかったのは韓国のTikTokチャートで1位になったことなんです。韓国で1位になると世界に広がっていくらしいです。今はメンバーへの書き込みもインドネシアの人たちからがすごく多いし、コメント欄にはハングルも飛び交っているし、本当にとんでもないことになっていますよ。こうなったから言うわけじゃないけど、やっぱりとき宣のお仕事は自分にとってターニングポイントでしたね。PASSPO☆や事務所を辞めたときと同じくらいの転機だったかもしれない。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事