FOLLOW US

UPDATE|2022/01/14

「もっと自分と向き合っていかないとダメ」元モー娘。鞘師里保がたどり着いた、自分が歌を届ける意味

鞘師里保 撮影/荻原大志

ソロとして2021年8月にアーティストとして本格的に再始動した、元モーニング娘。の鞘師里保。1月12日に2nd EP『Reflection』を発売、そして15日からは東京・大阪・地元の広島を巡る1stツアーも開催する。そんな彼女に、あらためて「空白の5年間」を経て自分で作詞にも挑戦する“ソロアーティスト”を選んだ理由を聞いた。(前中後編の後編)

>>前編はこちら、中編こちら

【写真】語りかけるような眼差し、鞘師里保の撮りおろしカット【12点】

──芸能活動を再始動させるにあたり、「ソロアーティスト」という方向性は最初から決まっていました?

鞘師 私の中では最初からそれしかないと思っていました。私が何かを届けるとしたら、歌というのが一番わかりやすいやり方ですから。今の事務所はどちらかというと俳優さんやタレントさんが多いところなので、所属するにあたって最初にその部分は確認しておいたんですよ。「私は歌がやりたいんですけど」って自分から切り出して。はっきりそこで意思表明したことは、私の中で大きかったかもしれないです。「もし私にしかできない歌を一緒に作っていただけるんであれば、ぜひご一緒させてください」って。

──ひと口にアーティストといっても様々なスタイルがあります。鞘師さんはどんなソロアーティストをイメージしていましたか?

鞘師 それまで自分と向き合う数年間を過ごしていたので、そこはきちんと打ち出していきたかったです。やっぱりきちんとした表現をしていかないと、自分で自分のことを信用できなくなりますから。自分が満足できるパフォーマンス、自分が納得できる楽曲。今のスタッフさんは、「私が表現したいことを熱心にサポートしてくれそうだな」と最初からすごく信用していました。

──作詞を新たに始めたことも、ソロアーティスト・鞘師里保を語るうえで外せない要素だと思うんです。ここで自分の内面をストレートに吐き出すようになったわけですから。

鞘師 「私がわざわざ復帰してまで歌を届ける意味って何?」ということを考えたとき、いろんなやり方があるとは思うんですけど、「作詞というのはどうでしょうか?」という意見が私とスタッフさんから同時期に出たんです。いつものように私は小声な感じで「あの……作詞なんて……」みたいに話し始めたんですけど、ちょうどスタッフさんも同じことを考えていたみたいだから安心しました。「こいつ、作詞やろうとしてるよ」「何様? 書けるとでも思っているのかね」とか思われていたら恥ずかしいので(笑)。

──なんでそこまで自分を卑下するんですか(笑)。

鞘師 こういう自信のなさは一生変わらないかもしれない(笑)。それはさておき、作詞に関しては最初こそ普通の耳障りがいいものもやろうとしていたんですけど、途中で覚悟を決めたんですよね。もっと自分と向き合っていかないとダメだって。

──どうしてですか?

鞘師 ちょうどその頃に自分が自分とおしゃべりし始めたんです。すでに「自分が自分を見守る」というところまでは来ていたんですが、今度は「自分が自分と対話する」という段階に入り始めたので、これを歌詞に投影していくべきじゃないかと。その「対話」という作業も自分1人の力で成し遂げられたことでは決してなくて、スタッフさんの協力があったからこそで。マネージャーさんが夜通し付きっきりで話を聞いてくれたりして、作詞作業というよりは私の考えを整理してくというか……。

──なんだかセラピストみたいですね。

鞘師 まさにセラピーでした。いつも自分が考えていることを話しながら、それをメモに書き留めたりしていましたから。そして結果的に、そういった会話の中から歌詞が生まれていったんです。『LAZER』などはその典型的なパターンですね。あとは作曲家さんにイメージを伝えるときも、自分がどういうことを訴えたいのか説明していったんです。私が普段から感じていることを提案書にして提出するんですけど。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事