FOLLOW US

UPDATE|2022/01/22

普通のOLから世界を旅する“怪魚ハンター”へ、マルコスが語る夢「女性の釣り人口を増やしたい」

マルコス

世界中に生息する「怪魚」を追い求める怪魚ハンターとして、女一人で世界の怪魚を釣り周るマルコス。公式You Tubeチャンネル登録者数は50万人を超え、初の自叙伝『実録、世界を釣る女』(KADOKAWA)も発売中と大きな注目を集めている。しかし、釣りをはじめたきっかけは、暇つぶしだったとか…。そんな彼女が、怪魚ハンターとして有名になったきっかけや、怪魚釣りの魅力について話を聞いた。(前後編の後編)

【前編はこちら】女一人、世界の怪魚を釣るマルコスが“怪魚ハンター”になった理由「マレーシアで雷魚を見た瞬間震えた」

【写真】背丈の約2倍!? 巨大怪魚を釣り上げたマルコス【13点】

――マルコスさんのYouTuberで公開している人気企画「全国バス釣り旅」は、車で寝泊まりしながら一人で47都道府県のブラックバスを釣るという企画でしたが、かなり過酷な環境だったと思います。

マルコス 大変やったんですけど、日本全国のブラックバスを釣り尽くしていくという明確な目標があって、それがゴールなので走りやすかったというか。そこしか見えてなかったので熱中できました。もちろん辛いこともありました。

虫が嫌いだから草むらの中に入るのもきつかったんですけど、でもゴールするためには通らないきゃいけない道ですしね。しんどかったですけど、走っている最中は1日1日進んでいる感じが気持ち良かったです。そのときは、どかーんと登録者数が増えることはなかったんですけど、ちょいちょい興味を持ってもらえて、こんなことをしている女の子がいるんだって応援してもらえるようになりました。

――女性の釣りYouTubetは珍しくないですけど、マルコスさんのように良い意味で泥臭い活動をしている女性は珍しいのではないでしょうか。

マルコス 確かに他にいないでしょうね。

――地上波のテレビ番組でもマルコスさんを見る機会が増えましたが、初めて海外で怪魚釣りに行くことが決まったとき、自分からテレビに売り込んだことがあったそうですね。

マルコス BSで『釣りビジョン』という釣り番組があって、トーマンを釣りに初めてマレーシアに行くときに、「怪魚を釣りに行くから密着取材してください」という売り込みメールを送ったんです。もちろん何の実績もないので相手にされなかったですけどね(笑)。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事