FOLLOW US

UPDATE|2021/12/16

乃木坂46 山下美月が総理大臣だったら? 日向坂46 加藤史帆プロデュースで新境地コーデに挑戦

乃木坂46山下美月

乃木坂46の山下美月と日向坂46の加藤史帆が、『CanCam』2月号(小学館)に登場している。

【写真】日向坂46加藤史帆がキャリアウーマンだったら、ほか2人の新境地コーデ【3カット】

乃木坂46の山下美月と日向坂46の加藤史帆は、『CanCam』で「もしも○○だったなら…」をテーマにお互いをプロデュース。

特集1ページ目では、それぞれ「山下P」、「加藤P」と名を変え、プロデューサー巻きを取り入れた双子コーデで登場。プロデュースのこだわりポイントを聞くと、「いつもとは違う一面もみてほしい」と口をそろえたふたり。

その言葉通り、「もしも会社員だったら?」「もしも好きな人に告白するならどんなシチュエーション?」「もしもアイドルじゃなかったら?」の3パターンのお題で、普段は見られないニュースタイルを披露した。

「(山下さんは)テレビだとあざとくてかわいい小悪魔なイメージがあるけれど、実際の本人はよく笑っていて、サバサバしているのでそういう一面も見てほしい」と意気込む加藤P。

ここぞとばかりに大胆なキャラクター設定を提案する加藤Pが、「もしもアイドルじゃなかったら?」で選んだのは、「女性初の総理大臣」。最初は戸惑っていた山下だが、カメラのフラッシュが飛び交う“なんちゃって記者会見場”をつくったところ、次第にノリノリに。

また、加藤が「もしも会社員だったら?」で演じたのは、「帰国子女で、外資系金融会社に勤めるバリバリのキャリアウーマン」。トレードマークの“アイドル前髪”は、さらっと横に流した大人っぽいスタイルにチェンジ。薄ピンクのパンツスーツを着て、パニーニを片手に英字新聞で日本経済をチェックする、THE・“バリキャリ”スタイルに大変身した。

【あわせて読む】乃木坂46 山下美月出演『じゃない方の彼女』主題歌Thinking DogsのMVが100万再生突破

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事