FOLLOW US

UPDATE|2021/11/25

“特撮美女” 工藤美桜、変身願望を叶えてくれた『仮面ライダーゴースト』との運命的出会い

工藤美桜 撮影/荻原大志

『仮面ライダーゴースト』『魔進戦隊キラメイジャー』、そして『TOKYO MER~走る緊急救命室~』と近年目覚ましい活躍を見せている工藤美桜。現在、女優・モデル・グラビアの“三刀流”で活躍する彼女が、11月25日に初の写真集『KIMINOMIO』を発売する。芸能活動12年目、そして本格的なグラビアデビューから約1年半の集大成的な作品となった今作について、そして彼女の女優人生を育んだ大切な「ニチアサ」という存在についての想いを存分に語ってもらった。(前中後編の中編)

>>前編はこちら

【写真】特撮美女、工藤美桜の撮りおろしカット【15点】

──現在はドラマや舞台、映画への出演はもちろん、『with』(講談社)のレギュラーモデル、そしてグラビアと、女優・モデル・グラビアの“三刀流”で活躍されています。充実した日々をお過ごしなのでは?

工藤 そうですね、今言っていただいた3つを軸にこの1~2年は活動させてもらっていて、本当にありがたいことです。毎回のお仕事で出てきた課題を改善するために、家では勉強の毎日ですね。あとは趣味を増やして視野を広げようと模索中でもあるので、お仕事が充実するたびにプライベートも充実するという、もうどんなことも楽しめる!なんでも頑張れる!という、素敵な日々を過ごしています(笑)。

──かつて「夢は“演技ができるモデルさん”」と語っていたのを記憶しています。いつ頃から女優・演技への憧れが出てきたのですか?

工藤 小さい頃からドラマをよく観ていて「演技ができる人ってカッコイイなあ」というボンヤリとした憧れがありました。中学生になり演劇部に入ってからは「本格的に演技をやってみたいな」という気持ちに変りました。ただ、私は自分に自信を持てないネガティヴな人間なので、主役のような目立ったではなくて脇役や男役を主にやっていましたね。

──その当時、憧れの女優さんはいらっしゃいましたか?

工藤 仲間由紀恵さんです! 『ごくせん』が大好きで、ツインテールのゴムを外して「お前ら!」ってやるのが超カッコイイ!と思っていて、いつかやりたいなあ~と(笑)。あと『美少女戦士セーラームーン』の実写ドラマが世代ドンピシャで、私もいつか変身してみたいなあと思っていたんですね。

──その頃から潜在的に変身願望があったんですね。演技のどこに惹かれたんでしょうか?

工藤 演じているときは自分の中のネガティヴな部分や恥ずかしさが消えて、舞台に立つ気持ちよさが勝ることに気づいたんです。やっぱり普段の自分とは違う自分になれるのが楽しんですよ。だからヤンクミに憧れていたんだと思います(笑)。

CREDIT

取材・文/田口俊輔 撮影/荻原大志


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事