FOLLOW US

UPDATE|2021/11/22

乃木坂46の東京ドームツアーファイナルが大盛況、高山一実がアイドル活動に終止符

アイドル活動に終止符を打った高山一実


乃木坂46が11月20日~21日に、東京ドームで「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」を開催した。また高山一実が10年間歩んできたアイドルに終止符を打った。

【写真】乃木坂46「真夏の全国ツアー2021 FINAL!」ライブ写真【18点】

乃木坂46は「真夏の全国ツアー2021」を約2年振りに開催。今年の7月~8月にかけて地方開催を行ない、当初は9月8日(水)~9日(木)にツアー・ファイナルとして東京ドーム公演を行なう予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、11月20日(土)~21日(日)へと延期となり、高山一実の卒業も延期となった。

高山一実自身、東京ドーム公演は、「真夏の全国ツアー2017 FAINAL!」以来約4年振りとなる。

今回の「真夏の全国ツアー2021」は、表題曲 / アンダー曲 / ユニット&ソロ曲 / C/W曲と4つのカテゴリーに分け、事前にファンからのリクエスト投票を実施。それぞれ上位TOP10に入った楽曲を中心にセットリストが構築されたそうだ。

オープニングナンバーを飾ったのは、遠藤さくら(4期生)がセンターを飾り、今年リリースした乃木坂46のシングルの中で最も売れた楽曲『ごめんねFingers crossed』からスタート。序盤は表題曲で構成され、冒頭からライブに勢いをつけた。

その後中盤では、ファンの人気投票で上位に入ったユニット曲・アンダー曲・C/W曲を立て続けに披露し、特にコアファンにはたまらないセットリストを展開。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事