FOLLOW US

UPDATE|2021/10/15

三上悠亜が語るハロプロ愛「プロフェッショナルなアイドルが好きなんです」

撮影/coto

アイドルとしてデビュー後セクシー女優に転身し、圧倒的な人気を誇る三上悠亜。2019年からはアパレルブランドのプロデュース、先日開催された「関西コレクション 2021 A/W」にも出演するなど、女性からの支持も厚い。セクシー女優としてだけではなく、ブランドやK-POPグループのプロデュースなどジャンルレスに活躍する彼女に、デビュー時の決意や仕事論、結婚論について聞いた。(4回連載の4回目)

【写真】「ありのままの自分を見てほしい」三上悠亜の撮り下ろしカット【10点】

──三上さんはもともとアイドル好きというお話ですが、最近のアイドルは追っていますか?

三上 好きですよ、アイドルはいまだに。ハロー!プロジェクトのファンクラブにも入っていますし。推しはJuice=Juiceにいた宮本佳林さんで、グループを卒業した今もM-line(※ハロー!プロジェクトを卒業したアーティストの公式ファンクラブ)で応援させていただいています。

 宮本さんがいなくなったJuice=Juiceも変わらずに好きで、今は箱推しって感じかな。もっと言ってしまえば、要はハロー!プロジェクト全体が好きなんですけど。もうその点は昔から1ミリもブレない(笑)。逆にハロプロ以外のアイドルは正直あまり興味ないかもしれません。

──なぜハロプロばかりを?

三上 もともと私は小学校低学年のときから松浦亜弥さんが大好きで、コンサートにもよく行っていたんです。そして自分もいつかハロー!プロジェクトに入りたいと思っていました。

──受けなかったんですか?

三上 もちろん受けましたよ~! 結果はダメでしたけど。モーニング娘。も受からなかったし、ハロプロエッグも2次審査とかで落ちました。でも、それも納得はできたんですよ。というのも私はハロー!プロジェクトが本当に好きだから、ハロー!プロジェクトがどういう人材を求めているか理解できる部分があるんですね。どんなタイプの子がハロプロで活躍できるかもイメージできますし。そういった角度で考えると、自分はたしかにハロプロ向きではないなと(笑)。

「好きなことと得意なことが違う」ってよくある話じゃないですか。ハロー!プロジェクトに関しては応援しているほうが向いているんだろうなと諦めました。
AUTHOR

小野田 衛


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事