FOLLOW US

UPDATE|2021/10/10

グラビアも人気、“ネオギャル”霜月めあがサイバーメイド コス姿で語る原点への思い【写真16点】

撮影/関根いおん

ゼロイチファミリア所属の霜月めあ。“むっちりすと”の愛称で親しまれる、むっちり感に富んだボディで漫画誌やアイドル誌に数多く登場。最近では、すっかり水着の印象が強くなった彼女だが、その原点はコスプレイヤー。今回、彼女にサイバーメイドのコスプレをしてもらうとともに、その原点への思いを聞いた。

【写真】サイバーメイド姿の霜月めあ、全身撮り下ろしカット【16点】

     *     *     *

──霜月さんのSNSを拝見していると、今、また改めて精力的にコスプレをしている印象があります。

霜月 ありがたいことに最近ではグラビアのイメージがだいぶ強くなってきたんですが、自分の活動を振り返るとやっぱりコスプレが原点なので。「私はコスプレイヤーでもあるんだよ」って思い出していただきたくてやっています。コロナ禍でコスプレを披露できるイベントが減ってしまって悲しいですけど。

──霜月さんが最近、挑戦したコスプレは?

霜月 『いちご100%』の東城綾と西野つかさの両方のキャラをやりました。構図やポーズが大変でしたね。それから『らんま1/2』の早乙女乱馬の女バージョンをやりました。早乙女乱馬は世界で一番大好きなキャラなんです。あとは『エヴァンゲリオン』のアスカを2パターンやりました。『シン・エヴァンゲリオン』を見てやってみたいなと思ったんです。推しはミサトさんなんですけどね。

──もうすぐハロウィンですがやってみたいコスプレは?

霜月 何かやりたいとは思っているんですけど、まだ決めかねています。最近、私の中で『犬夜叉』熱が再燃しているので、日暮かごめか珊瑚をやってみたいなと。あとは『BIOHAZARD VILLAGE』に出てくる三姉妹のコスプレはしたいねって事務所(ゼロイチファミリア)のタレント同士で話しています。

──そもそもコスプレを始めたきっかけはなんなんですか?

霜月 高校2年生の時に同級生に誘われてイベントでやってみたのが最初です。『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむらでした。一回やってみたら楽しくて。地方(宮城)のイベントだったのでコスプレイヤー同士の交流が多くて、共通の趣味を持つ友達を作ることができました。

RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事