FOLLOW US

UPDATE|2021/08/28

乃木坂46 渡辺みり愛、念願の写真集は「今までの中でも最高の出来」

渡辺みり愛 撮影/coto

8月31日(火)に写真集『消極的な華やかさ』(竹書房)を発売するとともに、グループから卒業をする乃木坂46の渡辺みり愛。2期生の最年少メンバーとして13歳で加入し、濃密であっという間の時間を過ごした彼女はどんな想いで卒業を決めたのか? 今回、写真集の魅力とともに話を聞いた。

【写真】乃木坂46からの卒業を控える渡辺みり愛 撮り下ろしショット

──卒業を目前に控えた今の気持ちは?

渡辺 めちゃくちゃ寂しいです。みんなは(真夏の全国)ツアーをやっているけど、私は参加していないので。メンバーに会えないし、ご当地のグルメをみんなで食べるという醍醐味を味わえないし。そういうことで「卒業するってこういうことなんだな」って実感してます。あと、「乃木坂46の渡辺みり愛です」って挨拶することもなくなるから、そのカウントダウンが始まっていると思うと、そういうことも寂しいです。

──卒業記念の写真集を出すと聞いて、どう思いましたか?

渡辺 念願だったので嬉しかったです。まず考えたのは、たくさんの方が興味を持っていただけるような写真集にするためにはどうしたらいいんだろうということでした。その結果、テーマから何から、スタッフの皆さんにお任せしようと思いました。私は伊藤万理華さんの写真集が好きなんです。自分の写真集もそうしたかったけど、「周りの方が思う渡辺みり愛」に合わせた方が皆さんの目に留まるだろうし、それが正解なんだろうなと思って。私が言ったことは、「肌見せは多い方がいいです」だけで、コンセプトから衣装まで、すべてお任せしました。

AUTHOR

犬飼 華


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事