FOLLOW US

UPDATE|2021/08/08

腕立て腹筋は1日120回、SNSで話題の美女・上田操のストイックすぎる半生

上田操 撮影/松山勇樹

SNS上の広告に登場し、「謎の美女」として一気に注目を集めた上田操。2019年には『週刊プレイボーイ』でグラビアデビューを果たし、女優として映画のメインキャストを務めるなど活躍を続けている。

そんな上田の初となる紙媒体写真集『#上田操のいる生活』(PHOTOBOOK BASE)が8月9日までの期間限定発売される。鍛え上げられた美ボディでも話題を呼んだ彼女に話を聞いた。(前後編の前編)

【写真】グラビアでも大活躍、上田操の撮りおろしショット【11点】

──上田さんは「女優」「声優」「グラビア」とマルチに活躍されていますが、最近は「鍛え上げられた腹筋や二の腕が美しい」と話題になっています。

上田 ありがとうございます。ダイエット歴はかなり長くて、中学生の頃から取り組んできました。

──若い頃は、今と体型も違ったんですか?

上田 まるで別人でした。身長は今と同じ147cmだったんですけど、体重は50kgを超えていました。結構なぽっちゃり体型で。うちの両親は「とにかくいっぱい食べなさい」という教育方針で、背が伸びたり体重が増えると褒めてくれたんですよ。子供ながらに親を喜ばせたいという気持ちもあったので、ひたすら食べて寝ていたら、意外と早い時期に身長が止まってしまいまして。10歳くらいのときには今の身長になっていました。それでも体重だけは順調に伸び続け、気がついたらヤバいことになっていました(笑)。さすがに中学に入って思春期を迎えたあたりで危機感を覚えたのを今でも覚えています。

──それは「モテたい!」みたいな意識があったのでしょうか?

上田 いや、それはなかったですね。周りからの目も気にはなったけど、一番大きかったのは太った自分のことを好きになれないという感情。要するにコンプレックスでした。自分に自信を持ちたい、自分のことを好きになりたいという気持ちが大きかったですね。

──なるほど。それで何から取り組んだのですか?

上田 最初は知識も一切なかったので、とりあえずは毎日3km走り、腹筋と腕立てを120回ずつやろうと決めました。

──120回!? それって相当な回数ですよ。

上田 もともと私は運動が大の苦手で、体育の授業も憂鬱なくらいだったんです。なぜ120回かというと、なんとなく100回では本気度が足りないかなと思いまして(笑)。最初、腕立ては連続して5回くらいしかできなかったですね。それを1日の延べ回数が120回になるまで、何度も繰り返していくんです。とにかく「1日120回」というノルマだけはクリアしなくちゃいけないというのがマイ・ルール。もちろん超回復のことなんて知らないから、運動後に休息が必要なんて想像すらしていませんでした。

CREDIT

取材・文/小野田衛 撮影/松山勇樹


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事