FOLLOW US

UPDATE|2021/08/04

『乃木坂工事中』3代目頭NO王・弓木奈於が持つ、学力テストだけでは伝わらない面白さ

アイドル番組定点観測 第128回

雑誌やweb媒体でアイドルの記事を数多く執筆するライターの左藤豊氏が、1週間アイドルたちが出演するレギュラー番組や冠番組をチェック。その週、テレビで輝いていたアイドルたちについて思い入れたっぷりに語ります。第128回となる今回の観測期間は7月26日(月)~8月1日(日)。

    *     *     *

7月25日(日)・8月1日(日)の2週に渡って放送された、『乃木坂工事中』(テレビ東京)の名物企画「第3回頭NO王決定戦」。乃木坂46メンバー41名が国語・数学・理科・社会・英語のテストを受け点数最下位のメンバーが“頭NO王”となる企画の第3弾で、今回も珍回答が続出しました。

面白回答が多いのが意外だった遠藤さくら、明らかに誤答なのに正当化しようとする梅澤美波、奇跡的に回答が一致した星野みなみと大園桃子、スタジオ不在でも爪痕を残す中村麗乃、1人だけズバ抜けて賢い北川悠理などなど印象的なシーンは枚挙にいとまがありませんが、それに対し“初代頭NO王”和田まあやが英文和訳問題で「looks like」を「~のように見える」と正しく訳したのはちょっと感動しました。『のぎえいご』の成果だ! もっとも、それ以外の部分は盛大に間違っていましたけど。

そんな中、“第3回頭NO王”に輝いたのは4期生の弓木奈於。ただ、せっかく輝かしい栄冠を手にしたにも関わらず番組内ではあまり回答を取り上げられず、「あんまり面白くない間違いが多い」「普通にただただ間違ってる」とバナナマン・設楽統に評されてしまったのが非常に惜しい……! まあ、“面白回答を狙わず真摯にテストと向き合って間違った”と考えればそれはそれで好感を持てますが(とりあえず、どんな誤答をしたのか見たいです)。

【関連写真】面白回答を連発した遠藤さくら出演MVスピンオフドラマ場面カット

AUTHOR

左藤 豊


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事