FOLLOW US

UPDATE|2021/06/30

元テレ東・佐久間宣行が語るサラリーマン処世術「“何でもやります”は人員整理の材料にされるだけ」

佐久間宣行 撮影/松山勇樹

今年テレビ東京を退社しフリーランスとなったテレビプロデューサー、佐久間宣行。『ゴッドタン』や『あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~』(テレビ東京)など人気番組を手掛け、2019年3月からはニッポン放送でラジオ番組『オールナイトニッポン0(ZERO)』のパーソナリティとしても活躍している。6月30日には、自身のラジオ番組が『普通のサラリーマン、ラジオパーソナリティになる~佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)2019-2021~』(扶桑社)というタイトルで初の書籍化。脱サラ後、ますます勢いに乗る佐久間氏に、会社員時代に培った、社会を生き抜く処世術について話を聞いた。(前後編の前編)

【関連写真】『ゴッドタン』で佐久間Pも撮れ高の多さを絶賛した女性タレント

――テレビ東京の社員からフリーランスになられましたが、会社員時代に培われた佐久間さんならではのサラリーマン処世術を学びたいのですが…。

佐久間 ははは。処世術のタイプかどうかわからないですけど(笑)。

――会社員時代はいろんなタイプの上司がいらっしゃったと思います。

佐久間 他の職種の方とは違うのかもしれませんが、僕が入社した頃のテレビ界って、マジでフツーに酷かったです(笑)。パワハラとかセクハラとか横行していた世界で。こんなに酷いんだ?ってADの頃は思っていましたね。もちろん熱意があって、すごく頑張ってくれる尊敬できる上司もいましたけど、その尊敬できる人も「俺がこんなに働いてるんだから、お前らも働けよ!」という、周囲を軽い鬱に追い込むようなタイプでした……(苦笑)。ほとんどの人がパワハラって言えば、パワハラな世界。でも、それを良しとしていた時代なんですよねぇ。

――今思い出してみると、嫌なことって…。

佐久間 死ぬほどありましたよ! マジで訳わかんないなと思ったのが、上司の結婚式の準備をなんでADがやんなきゃ……。

――え! 部下がやるんですか?

佐久間 そうそう(笑)。二次会まで仕切らされて! 余興の芸人たちを集めて、上司のやってるバンドのためにバンドのローディーみたいな真似までやらされていました。バンドのためのリハーサル室を押さえたりとか(笑)。「これ、全部業務なのかな?」と疑問でしたが、まあその上司はとびきり酷い人ですけど(笑)。


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事