FOLLOW US

UPDATE|2021/05/22

横浜一のギャル・ゆきぽよが突き進む“ギャル道”「ランドセルを背負ったまま弟子入りしました」

ゆきぽよ(木村有希) 撮影/飯酒盃智明

25日(火)に3rd写真集『はじめまして。』(光文社)を発売したゆきぽよ。ギャル雑誌『egg』のモデルとしてカリスマ的人気を誇っていた彼女がギャルに目覚めたのは何と小学3年生のころ。今回、ゆきぽよが“ギャル”に対する熱い想いを語る。
(前・中・後編の後編)

【写真】「ギャルしか勝たん!」ゆきぽよの撮り下ろしショット

――ゆきぽよさんのギャル遍歴についてお聞きしたいんですが、『今夜くらべてみました』(日本テレビ)に出演した際、小学3年生のときに近所に住んでいたギャルなお姉さんに憧れて、ご自身もギャルになったとお話していましたよね。

ゆきぽよ 当時、そのお姉さんは中2だったと思うんですけど、めちゃめちゃギャルだったんですよ。それが可愛かったし、私もお姉さんみたいになりたいと憧れて。それでランドセルを背負ったまま、「弟子にしてください!」ってお願いしたんです。お姉さんのおさがりの服を全部もらって、ギャルを勉強するために『Popteen』と『egg』を毎月買うようになって。当時はどちらかというと『Popteen』派だったんですけど、『egg』のオーディションを受けたら受かって、それまで黒肌ではなかったんですけど、速攻で黒くしました(笑)。

――小学生でギャルになったゆきぽよさんに対して周囲の反応はどうだったんですか?

ゆきぽよ 私の周りにいた友達は「いいんじゃない?」って感じで一緒にメイクの勉強をしましたし、お母さんも「可愛い!」ってギャル服を買い与えてくれました。

――見た目以外で、どこにギャルの魅力を感じたんですか?

ゆきぽよ ギャルはいるだけで、その場が明るくなるし、超ポジティブ。悩んだときにギャルの友達に相談すると、「そんなの良くない? 飲もうぜ」って感じで、悩みもどうでもよくなっちゃうんです。

AUTHOR

猪口 貴裕


RECOMMENDED おすすめの記事

RELATED 関連する記事